南極料理人

南極料理人 [DVD]

映画 南極料理人 | 関西テレビ放送 KTV
http://www.ktv.jp/cinema/nankyoku-ryori/index.html


総評
登場人物が小汚いおっさんしかいない日常系映画。
本当は女の人とか子供も出るけどちょっとしか出ないんで大目に見てください。

舞台設定が南極というのがズルい。
皆なんとなくはイメージできるけど詳しくは知らないエリアでの日常生活とかそんなもん面白いに決まってるじゃん。
私は雪国での暮らしを体験したことがないのでそういった面でも新鮮でよかったです、ハイ。

ストーリーはいくつかの小イベントとたくさんの日常パートで構成されていて、多少波風は立ちますが終わってみれば結局は何も起こりませんでした。
でも観終わった後はほんのりいい気分になれる、そんな映画。
日常系映画のお手本みたいな作品ですね。

全員割と平等に出番は与えられているんですが最後までどうしても顔と名前が一致しないおっさんが1人。
登場キャラはあと1~2人少なくてもよかったんじゃないでしょうか。
主人公の「なんとも言えない顔」の演技は素晴らしいの一言。
6/10

このブログ内で関連すると思われる他の投稿

No related posts.

Return to Top ▲Return to Top ▲