ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】

日曜洋画劇場|テレビ朝日|過去のOA作品
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/bk/data/01708.html


総評
皇帝復活花火馬車チェイスがクソすぎな上に長すぎ。
派手にすりゃいいってもんじゃないんだよ。
アメ公はホント火ぃ大好きだな!

あと思っていたより遺跡が関係ない。
皇帝を発掘するところだけだね。
予告映像を見て遺跡探検にワクワクしてただけにガックリきた。

数少ない良かったシーンとしてはイエティが出ているシーンが挙げられる。
圧倒的パワーで敵兵を吹っ飛ばしまくるのは爽快感良し。
メチャクチャいい奴らだったしね、イエティ。

終盤シャングリラに着いてからのションボリ展開っぷりが凄い。
母娘2人で「何としても、不老不死の力を捨ててでも阻止するぞ!」って決意した1分後ぐらいには皇帝が目的達成してた。
なんで何かあるような描き方したの?
そりゃあんな言い方されたら命がけのバトルを期待しちゃうじゃない。

人間同士のバトルは全編に渡ってつまんない。
どいつもコイツもすぐに肉弾戦を仕掛けるのはなんなの?
皇帝の超能力には使用回数とかあんの?
火の玉とか飛ばせるのに迫真の肉弾戦をやっているのが滑稽で仕方なかった。
簡単に映像映えするからなんだろうけど設定と噛み合わなすぎだろ。

あと皇帝が変身能力を手に入れてからはそれまでに輪をかけて酷かった。
超能力持ってるんだからもう怪物への変身能力とかいいじゃない。
分かりやすく銃 vs 超能力の構図にした方がよっぽど面白かったんじゃなかろうか。

池田秀一さんの演説は作品とは関係なしによかった。
シャア・アズナブル丸出しで。
3/10

L change the WorLd

L change the WorLd [Blu-ray]

L change the WorLd – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120127/


総評
まず、設定が原作と全然違うので完全に置いてけぼり。
映画版の『デスノート』を観ていないとおそらく着いていけません。

犯人グループの芝居がかった動きが最高に愉快。
カガミと的場の喧嘩シーンなんか完全にギャグですね。
シリアスな笑い。
かと思ったら真希の演技も相当酷かった。
数学の天才のガキもうざいし終わってみればほぼ全員クソでしたね。

極めつけは L のキャラクターが完全に映画オリジナル。
原作版とは全くの別物ですわ。
こんな根暗なキャラじゃないと思うんだけどなぁ。
あと予告から得意げにバンバン流してたけど L にアクションシーンとかいらねぇから。
力入れて走ったり飛んだりしてるのには違和感しか抱かなかった。
この作品は L というキャラクターの魅力を全く理解してないとしか思えない。
まぁ原作じゃそれを披露する機会がなかっただけで実際こういうキャラなのかもしれないけど。

オチのしょんぼり具合も凄い。
前作の時点で死ぬのは確定してたんだからどうしようもない。
死の演出も微妙すぎだし。

これは前作を観てないからどうとかそういう問題じゃないと思うのでこの点数。
4/10

ALWAYS 続・三丁目の夕日

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」Blu-ray

ALWAYS 続・三丁目の夕日 – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120120/


総評
前作と比べると恋愛要素が激増。
まさかトモエさんにまで何かあるとは思わなかったけど。
でもまぁドラマ性が出てストーリー的には面白くなるよね。
それでキャラクターも頑張ろうって気持ちになるし。
そこまで恋愛要素を重視しない私から見ても映画としては面白くなっていました。

例によって、1つ希望が見えたと思うと即座に次の鬱展開を連想させるようなシーンをブッ込んでくるのはさすが。
全編に渡り心配させてくれます。
結局最後はヌルい感じで終わったりするんだけど過程が面白いから許す。

新キャラの中でいいキャラだと思った美加ちゃんが打ち解けていく過程が省かれていたのが残念。
一応きっかけとなるイベントはあったんだけどこうまで劇的に変化するには弱すぎるんだよなぁ。
最初は氷の女王モードだったのに次のシーンじゃ普通に笑顔とか見せてんだもん。
氷解した後は大したイベントがなかったのも残念。
ちょっと登場キャラクターが多すぎるんじゃないの?
6/10

ALWAYS 三丁目の夕日

「ALWAYS 三丁目の夕日」Blu-ray

ALWAYS 三丁目の夕日 – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120113/


総評
いい話と悲しい話の交互連打作品。
序盤こそ少々ギャグっぽいテイストもあったけど中盤以降はほぼこの繰り返し。
いい話の押し付けが苦手な人は絶対に観ちゃいけません。

決してつまらなくはないんですが間違っても面白くはない。
オチも弱いし。
2時間やった結果がこれ!?

話にはよく聞く昭和の世界を映像の中だけとはいえ見られたのは良かった。
世界観の構築はそれなりにしっかりできていたんじゃないでしょうか。
昭和の世界を知らない私が言っても説得力皆無ですが。
5/10

バイオハザード

バイオハザード BD [Blu-ray]

テレビ朝日|日曜洋画劇場
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/contents/bk/0145/


総評
開幕のパニック展開からいきなり置いてけぼり。
後々明かされていくんだけど最初観た時は完全にポカーンですね。

レッド・クイーンを止めに行くところは『キューブ』の出来損ないみたいで面白かった。
こういうシチュエーション好きなんだよね。
機械の反乱みたいなの。

そこがピークでゾンビ戦が始まってからしばらくはそれほどでも。
ゾンビはもうちょっとゲーム版『バイオハザード』みたいなデザインにして欲しかった。
頭髪とか抜けきった感じでさ。

アリスがやたらカッチョいい体術を駆使したがるのは悪い意味で面白かった。
そんな見栄えのいい技ばっかり使ってる場合かと。
あとケルベロスを飛び蹴り一発でノックアウトて。

原作ゲームと別物として考えるとそこまで悪くないような気がしないでもない。
次作へのヒキバリバリのラストも個人的には悪くなかった。
崩壊した街に加えて見渡すばかりのゾンビ的な画は欲しかったけどね。
6/10

ハッピーフライト

ハッピーフライト ファーストクラス・エディション [Blu-ray]

土曜プレミアム・ハッピーフライト – フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/120121premium/


総評
序盤はギャグっぽいノリで航空業界の裏方を楽しめる展開。
貴重な経験で面白かったですね。
そりゃ男の子だからね、人並みに空には憧れますから。
女の子が楽しめるのかどうかなんて知ったこっちゃねぇ。

ただ、専門用語が一切分からないのはちょっと寂しかったかも。
雰囲気だけでも十分面白かったんでそこまで問題ってほどでもないんですが。

中盤以降は怒涛の展開で一転スリリングな空旅へ。
最後は結局何にも起こらなくて元通りなんですがそれも含めていい映画でした。
8/10

スペース・カウボーイ

スペース カウボーイ [Blu-ray]

新春ロードショー「スペース・カウボーイ」 | 映画クラブ | TVO テレビ大阪
http://www.tv-osaka.co.jp/movie_club/special/20120106.html


総評
中盤まで続くジジイ共の煽り合い・意地の張り合いが面白かった。
特に耐G訓練のところなんか最高ですね。

ただ話運びが淡々としすぎている印象は受けましたね。
ホーク問題をはじめとする各種問題がアッサリ解決しすぎ。
大事な部分を描くために短くまとめたのかも知れませんが。
色々詰め込み過ぎたのかな。

後半はなかなかシリアス。
最後の最後は燃えたけどそこ以外は微妙かな。
全編ファンキージジイチーム再結成からの宇宙冒険活劇でも良かったんじゃないかしら。

途中一瞬だけ挟まれた恋愛要素って要る!?
7/10

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Blu-ray]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20111216/


総評
若返り設定の主人公の一生を見る話。
そこまでイベント性の高い人生じゃないけど持って生まれた性質が面白いので物語として成り立ってます。
中盤辺りで今何歳なのか分からなくなったのはちょっと残念。

「全ての出逢いが奇跡」ってテーマにした意味が分からない。
こんな特殊な人間の一生を見せられて感情移入なんかできるワケないじゃん。
奇跡の存在の出逢いの奇跡なんか見せられたって遠い世界の話ですよ。

船での戦闘シーンは凄まじい迫力でハラハラドキドキMAX。
30秒あるかないかですが。
6/10

Return to Top ▲Return to Top ▲