ディープ・ライジング コンクエスト

ディープ・ライジング-コンクエスト- [DVD]

サンテレビ|映画案内
http://www.sun-tv.co.jp/cinema/02.html


総評
キャットというキャラクターについて語らざるを得ない作品。
まず序盤の屑っぷりがムカついてしょうがない。
己の欲のためにジョーズを逃して、結果人が死んだら泣いて反省するという白痴っぷり。
これは「1回のミスはしょうがない」とかそういうレベルの話じゃない。
子供でもジョーズの危険性ぐらい想像がつくだろ。

中盤からは味方に加わるけど、クロスボウの腕前を見せるためだけに人に向かって撃つシーンでまた激怒。
俺なら例えキャットが世界一の名手だったとしても怒るわ。
しかもクロスボウをどこで覚えたのか聞いたら「昔よくシカ狩りをしてたから」だってさ。
今はやってないのかよ!

最後の戦いではそのクロスボウも外して主人公たちの戦いを空から見てるだけというマヌケっぷりを披露。
何だったんだよこのキャラ。

いわゆる「ジョーズもの」は2~3本しか観てないけどそれでも既視感を覚えるベタベタ脚本。
美しいテンプレートが出来上がってますねこれ。
意外性のある展開が本当に1個もなくて逆の意味で感動します。

船体前面のアップと操縦桿のアップが多すぎ。
そこを移すことに何の意味があるの?
露骨な釈稼ぎに最初から最後まで萎えっぱなし。

CG は10年前であることを考慮してもショボい。
っていうか完全にギャグ。
4/10

アバター

アバター(期間限定出荷) [Blu-ray]

アバター – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120217/


アバターが初お目見え
アバター
うわっ、キモチワルっ。
デカっ。
ドン引きやなこれ。
正直番組が始まる前の予告の段階から引いてたよ俺。

アバターとのリンクカプセル
リンクカプセル
あー、俺これ絶対無理や。閉所恐怖症やもん。
じゃああの水に浮かぶタイプの癒し施設もあかんやん。
何それ?
こんな感じのカプセルに水張って、それに浮かんで癒されるやつ。
間違いなく逆にストレス溜めて帰ってくるな。

なんかよく分からないモノを見てにやける主人公
よく分からないモノ
うわっ、何これ?
オナホール? アバターはこれにチンコ突っ込んでるんじゃない?
あぁ、ミミズ千匹っぽいんもんな。
イソギンチャク最高ー!

AMP 初お目見え
AMP
『ロスプラ2』のロボット出てきたで。
あのメッチャ遅いやつな。
信じられんぐらいスピード感なかったよなあれ。
『ロスト プラネット2』始まっちゃうかー。

輸送機で移動する主人公たち
輸送機
今度は『Halo』始まったで。
ファルコンみたいなん出てきたな。
ここはゲームにしか見えねぇな。
CG バリバリやもん。これ難易度レジェンドやったら一瞬で墜ちるで。
あれアホみたいな威力してるからなぁ。
「こっちから敵見えんから回って! 回ってって!」

ジャングルを歩く
ジャングル
これは『Halo 3』の1面。
ジャングルに入るといよいよヘイローやな。
監督影響受けすぎやろ。
間違いなくヘビーユーザーやな。

巨大生物登場
巨大生物
今度は『Gears of War』になったで。
『モンスターハンター』でもイケるな。
主人公ボウガン構えてるしな。
敵に回復弾の思い出。

さらに別の巨大生物登場
別の巨大生物
お次は『FF』始まったよ。
ベヒーモスね。
こんな小さないやろ!?
あれ? こんなんじゃなかった?

矢の先にクラゲみたいなのが止まったのを見て発射をやめるナヴィ
女先住民
なんで撃つのやめたん? このクラゲのせい?
なんなんやろなコイツ。『Halo 3: ODST』の近くにおったらシールド無限になる奴?
懐かしいな。
プラズマガン無いと倒すんバリしんどいしな。今弓しか持ってないから諦めたんちゃう?

夜のジャングル
夜のジャングル
色合いまで『Halo』に似せてきたな。なんでこんなに紫色好きやねんコイツら。
完全に影響受けてるなこれ。
確かに綺麗な色してるけどもやな。

ナヴィたちの族長(エイトゥカン)と面会する主人公
族長(エイトゥカン)
これ後ろのガイコツ壊したらトレジャー出てくるで。ナイフで「フン!」って。
じゃあメッチャ集めないかんな。
武器全改造に金かかりすぎるもんな。

ナヴィたちの村
村
気持ち悪っ! なんかホラーゲームみたいになってるで。
青白い顔した奴が並んでな。
体型も気持ち悪いしな。
なんでデザインこんなんにしてん。外人センス!

高所落下するも地表の植物で一命を取り留める主人公
高所落下
ジャッキー・チェン!
首から落ちて重症。
これ運が良かったけど絶対年に何人か死んでるやろ。『Halo』の BIG TEAM みたいに「ここ地面ないんかえー!」言うて。
「ぬぅー!」

ネイティリの顔について
ネイティリ
だんだん神田うのみたいに見えてきた。
確かにこんな顔してた気がするなぁ。
目の感じとかが似てるんかな?
道理で腹立つ顔してると思ったわ。

イクラン(鳥竜っぽい生き物)との契り
イクラン
イクランと絆結ぶんにこんなに時間割いたってことはかなり活躍するってことかな。
これ最後はネイティリとも絆結ぶんじゃないの? ネイティリのミミズ千匹!
イクランみたいに無理矢理組み伏せてな。オラオラァッ!
「早く飛ばないと絆すぐダメになる」
ハハッ。

主人公とネイティリのキスシーン
キスシーン
ここ、ここ。ここを番組前の予告で見てん。
ビッグイベントをネタバレしてくれてるな。
「気持ち悪いわ~」思いながら見てたわ。
完全に捕食してるもんなこれ。

人類の侵略開始
人類の侵略開始
完全に『Gears of War』
これは完全に、やな。
キャラがちょっと細いけど。
ギアーズがマッチョすぎるんやろ。

開戦
開戦
番組始まる前の予告はここまでバラしてくれてたな。「遂に戦争が始まってしまいます」とか言うてた。
映画始まってから2時間以上経ってるで。
さすがにこれはバラしすぎやな。

折れるホームツリー
折れるホームツリー
おー、さすがにここは大迫力。
これを 3D で観たらシビレそうやな。
映画始まってから2時間経ってようやく褒められるシーンが見つかったわ。

ジャンプ撃ち
ジャンプ撃ち
なんでコイツらはすぐジャンプして弓撃ちたがるん?
動きながら撃てるんはいいけどポーズ的に的大きくなってね?
あぁー、凄い。弓振り回して敵しばいてるで。
パンドラ無双。
総評
映画館の3D映像で見ると綺麗だったかもしんないけど家で見ると正味普通。
なんか意味がわからんシーンが多いし伏線でもないのに
時間割いてるシーンもある(あんなに初飛行のシーンいる?)
後、ネイティリ以外の部族がもうね…空気。
あの新族長になったけど…みたいな奴何のためにだしたんだよ。いらねぇだろ
正直、シナリオは全般的にヒドいと思いました。

まぁレビューの内容通り、色々と笑わせてくれるいい作品でした。
4/10
CG は確かに綺麗だけど「これなら最近のゲームでいいじゃん」程度の感想。
多分 3D で観ないと感動も何もないね。

余計なシーンが多すぎ。
ご自慢の映像を思う存分見せたかったんでしょうが正直ダレます。
パンドラの隅々まで見せたいのは分かるけど移動シーンとかカットしろって。
その結果がこの放映時間だってんだから笑えない。

戦争が始まってからはなんとか観れるレベルに。
人類側の兵器はどれも格好良くてテンション上がる。
あとはホームツリーが倒れるシーンの迫力もなかなか。
そこ以外は全部クソ。

シナリオに目新しさは無い。
あとアバターが気持ち悪い。
5/10

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ [Blu-ray]

TVO テレビ大阪: アニメ・映画
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/mov/cinema/1213986_1256.html


総評
精神的にクるタイプのサスペンス・スリラー。
たまに直接的なのもあるけど基本的にはメンタル面を攻撃してきます。
何か起こりそうで起こらないことも多々。
フェイントでドキドキさせるのやめろや。

オチはベタ中のベタで意外性は全く無し。
映画をあまり観ない私でも呆れるぐらいのド定番です。
そのこともあってか終盤のダラダラっぷりが半端ない。
中盤までの雰囲気は良かっただけに惜しい。

エミリー役の子の顔怖すぎ。
6/10

28週後…

28週後… [Blu-ray]

TVO テレビ大阪: アニメ・映画
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/mov/cinema/1213885_1256.html


総評
カメラさばきが最悪すぎ。
「こだわりの手持ちカメラで臨場感をどうのこうの」という記事をどこかで目にしましたが本末転倒してるでしょこれ。
寄り過ぎ、振り過ぎ、揺れ過ぎの三重苦で観てて頭が痛くなります。

あとこれは前作からずっとそうなんですが画面が暗すぎ。
夜を舞台に設定するのはいいんですがもうちょっとなんとかならんもんですかね?
極端に暗いのと明るいのを前述したカメラさばきで扱うもんだから目が痛いのなんの。
観てる人間の頭と目を攻撃してくるとか、ちょっとした視覚兵器ですよこれ。

ドイル軍曹がヒーローしていてこのキャラクターが出ている間は面白い。
あとは発端になったガキ2人と誤った判断で今回の騒動の原因になった女医しかいません。
俺は一体誰に愛着をわかせればいい?

大体女医は抗体を解析して何がしたかったんだよ。
感染者を捕まえて、そこから治療とか逆に犠牲者が増えそうなんですけど。
空中からの散布で治療できる薬が作れるとかだったら女医さんが正しいです。
すみませんでした。
5/10

南極料理人

南極料理人 [DVD]

映画 南極料理人 | 関西テレビ放送 KTV
http://www.ktv.jp/cinema/nankyoku-ryori/index.html


総評
登場人物が小汚いおっさんしかいない日常系映画。
本当は女の人とか子供も出るけどちょっとしか出ないんで大目に見てください。

舞台設定が南極というのがズルい。
皆なんとなくはイメージできるけど詳しくは知らないエリアでの日常生活とかそんなもん面白いに決まってるじゃん。
私は雪国での暮らしを体験したことがないのでそういった面でも新鮮でよかったです、ハイ。

ストーリーはいくつかの小イベントとたくさんの日常パートで構成されていて、多少波風は立ちますが終わってみれば結局は何も起こりませんでした。
でも観終わった後はほんのりいい気分になれる、そんな映画。
日常系映画のお手本みたいな作品ですね。

全員割と平等に出番は与えられているんですが最後までどうしても顔と名前が一致しないおっさんが1人。
登場キャラはあと1~2人少なくてもよかったんじゃないでしょうか。
主人公の「なんとも言えない顔」の演技は素晴らしいの一言。
6/10

28日後…

28日後… [Blu-ray]

TVO テレビ大阪: アニメ・映画
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/mov/cinema/1213792_1256.html


総評
感染者たちに知能があるという設定がまずイマイチ。
主人公たちが乗っている車に追いつけないと分かるや否や走るのをやめちゃうんですよ?
何その冷静な判断力。
もっと激情に任せて行動しろよ。

それでも中盤まではダメなパニック映画としてギリギリ楽しめます。
本当に地獄なのは終盤に入ってから。
こうなるともう完全に別の作品ですね。
テーマが摩り替わっちゃってるんだもん。

終盤はキャラが増えすぎちゃって完全に置いてけぼり。
その上電力施設が死んでるって設定だから夜のシーンは画面が暗すぎて何やってるんだかよく分からないし。
終盤の終盤はクソシナリオとクソ演出の合わせ技一本で見事に締めくくってくれました。
4/10

ドラえもん のび太の日本誕生

映画ドラえもん のび太の日本誕生 [DVD]

総評
ちょっとDVDを見る機会があったので。
映画ドラえもんシリーズは鉄板ですが、中でも有名?なギガゾンビのやつですね。

昔はなんとなく見てたので原始時代へ行った理由とかもよくわからなかったけど
ちゃんと理由があったのね。
家出しようとしても何処の土地も全て誰かの所有物だから勝手に住む事が出来ない。
だったら誰の所有物でもない時代に行けば自由だー。みたいな

原始人のククルvsジャイアンのタイマンとかあったんだけどククルがなじむのが早くね?
まぁそれは野生の原始人を手懐けるしずかちゃんの女度が半端じゃないってことか…
流石家での理由が一番フワフワしてた(個人的な感想)のもあって他の男共を
コントロールするのはお手の物てか。しずかちゃん…恐ろしい娘!

感想として言えば序盤は好きなんだけど後半は微妙だったかなぁ
一つ疑問。ドラゾンビはともかく結局あの土偶って一体何だったんだ?
6/10

コンフィデンス

コンフィデンス [DVD]

サンテレビ|映画案内
http://www.sun-tv.co.jp/cinema/02.html


総評
敵味方がヒョイヒョイ入れ替わる、油断のできない人間関係が面白い。
中でもルーパスは特にお気に入り。
敵の時も味方の時もいいキャラしてたわ。

主人公がタイトル通りに自信ありすぎ。
それで実力も伴ってるから妬ましい。
もうちょっと痛い目見てもよかったんじゃないですかね。
完全無欠すぎるだろ。

キングの吹き替え演技が過剰すぎて何言ってるのか分かんねぇ。
その上話があっちこっちに飛ぶキャラだからセリフもやたら長いし。
ヘッドホンで聞いてこれなんだからスピーカーじゃもっと何言ってるのか分かんないんじゃないかしら。

要人のボディーガードが黒人なのはまぁ分かる。
ただそれぞれの陣営に同じような立場の黒人ハゲが2人もいるのはどうかと思う。
映画なんだし一目で区別できるようなキャラクター付けしてもいいじゃない。
5/10

Return to Top ▲Return to Top ▲