ルパン三世VS名探偵コナン

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


ルパン三世VS名探偵コナン – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120323/


ヴェスパニア王国 SP カイル登場
偽ルパン
今チャカ受け取った奴の髪型が完全にルパンやで。
登場早いなールパン。
カイル
ルパンにしてはキリッとしすぎやけど。
オリジナルを超えた偽ルパン誕生か。

ニュース速報
ニュース速報
「ヴ」の濁点の位置おかしいし。
テロップ担当が出し方分からんかったんちゃうん。
マジで!? アホすぎやろ。
「これどうやって出すん!? もうウに濁点でいい!?」っつって。

目暮警部による事情聴取
目暮警部による事情聴取
目ぇ完全に死んでるで。
レイプされたんちゃう? 「日本は恐ろしいところだ」
ガッチリ目暮警部に掘られたか。

暴漢と勘違いされたカイルが蘭に蹴り飛ばされる
ノックアウト
偽ルパン弱ぇー!
でも蘭って全国1位とかじゃなかったっけ?
そうだったとしても高校生の全国1位程度に蹴り飛ばされる王族 SP て。
あー、たしかにそりゃマズいな。

ミラ王女に扮した蘭姉ちゃん確保
包囲網
『GTA』で言うたら星(手配度)5つぐらい行ってるんじゃないのこれ。ヘリと大量のパトカーに囲まれてるで。
いや、まだ全然やな。発砲されてないし。
SP 蹴り倒して王族攫った程度じゃ全然か。

追いかけてくるコナンを牽制する不二子
パージアタック
パージアタック!
殺す気満々やな。100km/h ぐらい出てるスケボーから叩き落とされたらただじゃすまんやろ。
飛び出し
さっき車線に飛び出してきたんがムカついたんじゃない?
轢かれても文句言えんタイミングだったしなアレ。しかも無灯火やし、コナンのスケボー。
1回痛い目見せた方がええでコイツ。

お宝鉱石をダウジングで見つけようとするルパン
ダウジングとは
えぇっ!?
まさかの文字で説明きたでオイ!
しかも表示時間短すぎやろ。
文字が出るって構えとかな絶対読みきれへんな今の。

回転寿司に勤しむ不二子とミラ王女
回転寿司
かっぱ寿司。
王女様連れてかっぱ寿司かー。赤だし!
てりやきチキン寿司!
王女様が「あなた(不二子)は悪い人じゃない」って言うてるけど、さっき思いっきりコナンくんを殺そうとしてるで。
そもそも本職泥棒やしね。

ヴェスパニア王国で軍隊に追われるルパンと次元
ルパンと次元
ルパンサイド要るこれ?
うーん、ヴェスパニア王国に居るのがよろしくないなこれは。
本筋のコナンサイドと全く絡めんもんな。
日本なら日本、ヴェスパニア王国ならヴェスパニア王国で舞台は統一しろって。

夜明けの不二子とミラ王女
夜明け
朝の5時やで。タフネスババァ。
もう完徹とかキツい歳やろ。
昼まで起きてようと思った3秒後に寝てたりするもん。
ゲームの電源落としたら自分の電源も落ちる、みたいな。

蘭が拉致られたとの報告を受ける小五郎
唐草
キース達の行き先速攻ゲロったなコイツ。
小五郎に唐草決められてるから余裕ないねん。
正中線喰らう前に許してもらおうってことか。
そんな感じ。

飛行機に飛び乗って捕まるコナンくん
捕まる
もう死にかけてるやん。
なんでこれコナンくんを褒める流れになってんの? そもそもコイツがタイヤに捕まらんかったら誰も危なくなんてならんかったんやけど。
SP として欲しいぐらいの行動力と決断力とかそういうこと?
うーん、この流れが全く分からん。

ヴェスパニア王国のメイドさん
メイドさん
5年と3年を「ずっと」とは言わんだろ。普通に短いと思うよ。
確かに。
何を得意げな顔しとんねんコイツらは。

ピンク大好きヴェスパニア王国
田中真紀子
田中真紀子。
田中真紀子。

捕まったルパンを救出し隊
ルパン救出隊
完全にギャグやなこれ。
この絵面の面白さよ。
五ェ門はどうやって次元の声聞いてんねん。
イヤホンとかもしてないしな。

バックアップよろしくな
バックアップよろしくな
アジトに置いてあるパソコンの HDD バックアップよろしくな。
マジで!?
HDD がパンパンになるまで貯めこまれた秘蔵 JPEG 画像が。
今日び JPEG 画像て。

解答編
解答編
距離ありすぎやろ!
今回のケースとはちょっと違うけど「コナンがもはや正体を隠す気が全く無い件」を思い出した。不自然すぎるやろ。
しかもいつもみたいにコナンだけがしゃべるんならまだしも、ルパン小五郎もちょくちょく合間に自分のセリフ挟んでるしね。明らかに場所の違う2箇所から声聞こえてくんよー。
静止画
静止画多すぎんねんけど!?
なんぼコナンくんがしゃべってるいうても口パクぐらいの努力は見せろよ。口が動かんくて声がしてたら周りの奴らも不審がるやろ。
たまに動いてる絵が出ると感動するな。
全く新しい、逆転の発想やで。動きを減らすことによってちょっとした動きで感動できるようにしてる。。

ジラードの動機
ジラードの動機
もう静止画使いまくり!
開き直ってるな。
どうでもいいけどここのジラードの顔が可愛すぎんねんけど。
守ってあげたい。

衛兵 VS メイド
衛兵 VS メイド
ギルティギア イスカ
ドラマティックバトル
挟んで小パン永久懐かしいなぁ。

一件落着
王冠
王冠のデザインダッサ!
ゲームのアイテムみたいなデザインしてるな。
キュアヘルムを思い出すダサさ。
あっちはスケベイスやから方向性が違うけどな。

エピローグ
エピローグ
隣にポン刀持った奴が座ってんのに気付いてなかったんかよ!
まぁー、ヤバいと思ってずっとうつむいてたしな。
保存
あー、ルパンがショタコンに目覚めたわ。
これ見ながらのガッシュ・ベルが止まらんな。「うおおー! コナン! コナン!」
「ザケル!ザケル!」

総評
正味今回推理も泥棒もまともにしてなくね?
コナンといえばあのシルエット姿の犯人像とか発明道具とかさ。
ルパンといえば「待てー、ルパーン」みたいなんとかバトルシーンとかさ…。

しかもどっちかってとルパン寄りにしてた気がするけど(テロップとか)中途半端。
ターゲットが子供だからマイルドにしましたってんならいらねぇよ。
キャラが被るかもしれないけどルパン一味が怪盗キッドのポジションでええやん

登場キャラもごっそり削られてて探偵団とか服部とかもおらんし出てたとしても空気
なんで園子出した?それに何あの「忘れてたから五ェ門いれときました」感

全部見てるわけじゃないけどコナンとルパンの映画でトップクラスに残念だと思う
2/10
『VS』にしたのは完全に失敗だったよね。
どっちかだけで作ってたらちゃんとした作品になってたと思うんだけど、両方出しちゃったせいで中途半端なデキに。
せっかくのキャラクターたちがもったいねぇもったいねぇ。

主人公たちを食わないようにラスボスは敢えてショボい感じにしたのかな?
その主人公たちがあんまり活躍できていないもんだからその気遣いも完全に裏目ってるよね。
薄ーい味の、僧侶が食う飯みたいな味わいに仕上がっています。

『名探偵コナン』サイドの客のことを考えたのかバトルシーンはほぼ皆無。
そのくせほんのりエロいシーンはガンガンねじ込んでくるという意味不明っぷり。
じゃあ暴力シーンもありでいいじゃん。

お寒いギャグ、声優ネタ、メタ発言とユーモア面のデキはもう最悪。
夢のコラボレーションは残念極まりない結果に終わりました。
4/10

ジュノ

JUNO/ジュノ [Blu-ray]

TVO テレビ大阪: アニメ・映画
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/mov/cinema/1214204_1256.html


総評
観始めてまず思ったのはアメリカのドラマっぽいなと。
「アメリカのドラマ」を観たことないけど多分こんなノリなんじゃないかな。
このノリ苦手だわーホント苦手だわー。

主人公のジュノがファッキンビッチすぎ。
特筆すべきは物語中盤ぐらいまでイラつかないセリフがないところ。
凄いよこの脚本を書いた人。
俺を不快な気分にさせる天才だよ。
正直1秒でも早く終わってほしいと思いながら観ていました。

終盤、マークが動きを見せてからようやくちょっとだけ興味が持てるように。
いくら何でもエンジンかかるの遅すぎ。
あの、もうほとんど時間残ってないんですけど。
ここら辺からジュノも歳相応の女の子っぽくなってきて大分見ていられるように。
散々ツッパって俺をイラつかせ続けた結果がこれ。
最後には折れるんなら最初からおとなしくしとけや。

出産からエピローグまでの雰囲気は良かった。
何が良かったのかイマイチよく分からないけど生命って素晴らしい!
エピローグはクソ。
無駄に長いし。

最初1点をつけるつもりだったけど終盤の怒涛の巻き返しでこの点数に落ち着きました。
3/10

ヤッターマン

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

ヤッターマン – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120224/


総評
原作を知らないのでこの作品をどう楽しめばいいのか分からない。
脚本、芝居共に最低レベル。
CG は頑張ってる方じゃないの?
興味ないけど。

バトルがちょっと燃える展開かと思えばすぐにカスみたいな締め方をするのはいかがなもんか。
茶番すぎて泣ける。
これが完璧な原作再現だとしたらまず『ヤッターマン』という作品自体受け付けませんね。
子供の頃に観ればまた違った感想だったのかも知れませんが、と一応フォローは入れときます。

途中登場するバージンローダーにドン引きですね。
これが昭和のノリか。
良かったわー、これ1人で観てて。
しばらく絶句しちゃったもん。

多分クソアレンジなんだろうけど歌が多く流れるのは良かったので+1点。
2/10

ウルヴァリン: X-MEN ZERO

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]

ウルヴァリン:X-MEN ZERO – 金曜ロードショー
http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120210/


総評
ミュータントとして目覚める幼少期のイベントはまぁどうでもよし。
新しい力に目覚めるには順当なイベントでしょう。

幼少期を終えたところで始まるクソ長いオープニングタイトルにガン萎え。
誰が誰だか分かんない上にキャラクター多すぎ。
えぇー? この人たち全員映画に出てるー?
どうも前作を観た人向けのキャラクター紹介っぽいんですが真相は如何に。

やっとこさ始まったミュータント同士の初対戦は完全にゴミ。
内容もショボけりゃ暗くて何やってるのかも分かりづらいし。
雰囲気重視で撮るからこうなる。
スタッフは素人か。
2戦目以降はそれなりに楽しめますが。

ストーリーは先が気になりすぎ。
個人的には絶賛なんですが『X-MEN』に興味ない人が観た時にどう思うのかは不明。
原作を知ってる人がどう思うかも不明。
私はゲームでキャラクターだけを先に知っちゃったからね、しょうがないね。

ゲームでキャラクターだけ先に知っちゃって『X-MEN』にちょっと興味は持ってるけど原作を一切見ていない人なら。
6/10

トランスポーター

トランスポーター ツインパック [Blu-ray]

日曜洋画劇場|テレビ朝日|過去のOA作品
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/bk/data/01710.html


総評
主人公のプロ意識とカスタム仕様の車に惚れる。
これは名作の予感ですなぁ!

と思ったけど開始5分でまずクソすぎるカメラワークにガン萎え。
その上開幕1個目のカーチェイスで客が用意したアイテム(銃)を使っていて更に萎える。
自分で用意したアイテムだけで逃げきるからカッコいいんじゃないの?
これ客がコイツらじゃなかったら捕まってた可能性もあるってことだよね。

更に女をトイレにいかせた挙句逃げられるのもヘボすぎ。
女の方が特にトリックを使ったワケでもないのに逃げられてんの。
こんなザマじゃあ過去に何回ヘマしてるか分かったもんじゃないですね。
コイツは思った程プロじゃあないのかも知れない。

その後にクソみたいな銃撃戦・体術戦が始まってありえないほど萎える。
「トランスポーター」は車に乗っている時だけ無敵とかの方がよくないですかね?
こんなん車じゃなくても何でもいいじゃん。
強けりゃ列車だって船だって飛行機だって使い放題だよ、こんだけ強けりゃ。

そして視聴開始から1時間ほど経過した辺りでようやく気付く。
あぁ、これ運び屋の話じゃないんですね。
よくあるただのアクションものだこれ。
結局その後は私が惚れた冒頭の要素は一切出ず普通の殴り合い、撃ち合いを延々見せられるハメに。。

ヒロインのライがクソキャラすぎて画面に映る度にストレスで死にそうになる。
女優さんが単純に好きじゃない顔してるのとの相乗効果ですっかり嫌いになれました。
出来ることなら今後一生この女優が出てる映画は観たくないね。
3/10

コン・エアー

コン・エアー [Blu-ray]

日曜洋画劇場|テレビ朝日|過去のOA作品
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/bk/data/01709.html


総評
敵に囲まれた状況から主人公がいつ仕掛けるかにドキドキ。
結局1時間以上仕掛けないので待ち疲れましたが。
敵に拳銃を持たせちゃったのがマズかったね。
あれで下手に動けなくなっちゃったもん。

ようやくやる気を出して仕掛けたと思ったらそこからは映画終了までガッカリ極まりない展開。
特にラストバトルとか最悪ですね。
誰が飛行機降りてバトルしろっつったよオラァ!
飛行機編の終わり方も最悪。
こんだけ時間使ったのに爽快感全く無しに終了。
ワクワクしながら待ってる時が幸せだった。

途中のラーナー飛行場編もクソすぎ。
一体誰がこの作品に陸地での銃撃戦を期待してるの?

グリーンのキャラが立ってて出る度にワクワク。
でも結局最後まで何もしないまま終了。
何だったのコイツ?

余計なこと言ってる暇に撃ち殺せよ、と思うシーンが多すぎる。
映画の常として仕方のないシーンなんだけどこの映画は特にそれが多かった気がする。
犯罪者のエリート達がマヌケすぎるんですがもうちょっと何とかならなかったんですかね?
4/10

デモリションマン

デモリションマン [Blu-ray]

テレビ|KBS京都
http://www.kbs-kyoto.co.jp/program/tv.htm


総評
よくある刑事と悪者の対決アクション。
主役2人のキャラクターが立ってるのでこれだけベタな設定でも面白い。
アクションも痛快で尚良し。

とにかく残念だったのはラストバトルのクソさ。
脚本上主人公が勝つのは仕方ないけどその展開の仕方が最悪級にひどかった。
中盤までは文句なしに面白かったんですけどね。

物語の舞台となる「未来」の設定も面白かった。
警察官が凶悪犯を前にして一々端末に対処法を尋ねるのとか最高ですね。
正直もう1エピソードぐらい見せてほしかった。

どうでもいいけどサイモンの体術がカッコよくて惚れる。
モーションの綺麗さに納得のいく設定もあったけどそこは割とどうでもよかったり。
6/10

Return to Top ▲Return to Top ▲